音楽を愛するなら楽器を演奏しよう

音楽の授業での演奏する楽しさ

PAGETITLE
私は楽器の演奏が苦手でした。この指を抑えたら「ソ」の音が出るだとか指をこの指の形はCコードだとか、中学生の時は音楽の演奏が好きではありませんでした。歌う授業はとても好きで、合唱コンクールなどのイベントの際にはクラスの中心に立って引っ張って行く立場だったのですが、楽器を弾くという行動はできませんでした。ですので音楽の授業は、歌はいい評価をもらえたのに楽器の演奏ではいい評価をもらえなかったため総合評価は下がってしまい悔しい思いをしたこともありました。

そして中学を卒業し高校に入学しました。新しい高校では芸術の授業選択があり、書道や美術、工芸、音楽の中から一つを選ぶというスタイルで私は迷わず音楽を選びました。中学の時の悔しさが残っていたため、絶対に楽器の演奏を上手くなってやろうという気持ちが強かったからです。授業選択者には女子が多く、みんなとすぐに友達になることができました。授業では、まずリコーダーの演奏からやりました。苦手だった私は頑張って練習しました。その時の音楽の先生が指の抑え方と息の使い方を丁寧にわかりやすく教えてもらったおかげで私はリコーダーを演奏するコツをつかむことができ、課題の曲を演奏できるくらいにまで上達したのです。今まで苦手だったのは演奏できなかったからでした。ですが上手に演奏できるようになると苦手意識はなくなり、逆に楽しくなりました。この先生にはとても感謝しています。苦手なものがある方も、やり方を工夫すれば好きになれるかもしれませんね。


Copyright(c) 2017 音楽を愛するなら楽器を演奏しよう All Rights Reserved.