音楽を愛するなら楽器を演奏しよう

音楽の演奏の思い出など

PAGETITLE
私は高校の時に友達に誘われて楽器の演奏、特にギターにハマり青春を捧げました。その友達は中学生の時にあるバンドのライブイベントに行って感動し、自分でも弾いてみたいと思うようになったそうで、好きな曲や演奏する音楽はほとんどがそのバンドのものであり、とても演奏するのが上手です。私もそのバンドが好きで、よく曲を聞いたりカラオケで歌ったりしていたのですが、高校一年の時その友達と同じクラスになったときに、バンドのことで意気投合して話をしているうちに「ギター演奏してみない?」と誘われました。

その後、ドラムやボーカルの子も呼んできてバンドを結成しました。そのバンドが私にとっての部活みたいなものでした。というのも、音楽を演奏する練習だけではなく学校の帰りにみんなで遊んだり、カラオケに行ったりメンバーの家でお泊まりをしたり楽しい思い出がたくさんあって、私の学生生活の大切な思い出なのです。また三年生の文化祭では、自分たちが練習してきた曲を発表することができました。中夜祭とよばれるイベント企画に応募したところ、実行委員会から出場の許可を取ることができ、多くの生徒のいる前で憧れていたライブをすることができたのです。好きだった曲を好きなメンバーとともにお客さんの前で演奏できたことはとても嬉しくて誇り高いものでした。ライブは成功しとても評判が良かったそうです。高校の思い出をくれたバンドメンバーのみんなに感謝したいです。


Copyright(c) 2017 音楽を愛するなら楽器を演奏しよう All Rights Reserved.