音楽を愛するなら楽器を演奏しよう

音楽が趣味の奥さんのために作った防音室でベースを演奏する友人

PAGETITLE
大学時代の友人が結婚しました。郵便局に勤めている公務員でよく稼いでいるらしいのですが、バイクと車が趣味で、そちらにお金を使っていたので結婚しようかと話が出た時点で貯金が30万円だったので、奥さんから一年かけて100万円貯めろといわれ、頑張って貯金して、結婚したそうです。

そして奥さんの実家からほどほどに近いところに一軒家を購入したそうです。奥さんの趣味が音楽で、ギターを弾くのが好きだそうなので、せっかくだからということで三階建ての建築の一室に防音室を作ったそうです。さらに、せっかく防音室を作ったのだからということで、友人もいっそ楽器演奏を趣味に加えようということで、ベースを購入したそうです。とはいっても仕事で忙しい身で始めたので、なかなか毎日楽器に触れて演奏するとはいかないため、なかなか上達しないと嘆いていましたが、防音室は作ってよかったと思っているそうです。

というのも、拙いながらも一生懸命練習しているときに奥さんが入ってきて、その時に「そんな大きな音だしてるの?」と言われたそうなのです。アンプを使ってですが、友人本人はさほど大きな音を出している自覚はなかったそうです。それだけ外からは中の音楽が聞こえにくいということでもあり、ご近所さんもある中でこれは大正解だったと言っていました。今後もベースを引き続けるかどうか、根気が続くかは正直分からないが、自分がダメでも奥さんが弾くだろうから、防音室を作った意味は大きいと感じているそうです。

お勧めのサイト



Copyright(c) 2017 音楽を愛するなら楽器を演奏しよう All Rights Reserved.